手筒花火の種類

噴出煙火に関する法令は自治体によって異なり、それぞれ火薬量と保安距離(花火と観席の間の距離)が決められています。

 

また、手筒花火には、両手で抱える一般的なものの他に、片手で持って揚げる『ヨーカン』や、台に固定する大筒などの『台物』があります。

oodutu.jpg
oodutu2.jpg

     大    筒

祭の掉尾を飾る最も火薬量の多い台物。当地ではこれを神輿の載せて練り歩きます。

yokan.jpg

      ヨーカン

片手で揚げる小型の手筒。火薬量は少ないが、見た目以上に熱い。

yoshida_march7.jpg

     銀    車

​炎の勢いで回る火車。白く輝く炎が美しい

   トルネード(NAKANO)

岩田煙友会オリジナル台物。炎が力強く渦を巻きながら昇ってゆくさまは圧巻です。

toru.jpg
katagiri.jpg

     カタギリ

2斤の火薬を詰めた手筒をヨーカンのように片手で揚げる。まさに男気花火。

honsai12.jpg

   W銀車(トンボ車)

銀車を1つの台に2基取り付けた台物。

大きく回る炎は圧巻です。