手筒花火ができるまで

手筒花火は放揚者が自分で作るというのも大きな特徴です。

竹取りから完成、放揚まで約1ヵ月。危険と隣り合わせだからこそ、一つ一つの作業に妥協は許されません。

1. 竹取り

放揚日の約一カ月前、竹林から3~6年目の孟宗竹を切り出します。

竹取2021.jpg

3. 筒磨き

竹が乾いたらヤスリで内側の節を削り、完全に滑らかな筒状にします。

2. 繩巻き

竹を90センチほどの長さに切りそろえ、ゴザと縄で外側を補強します。

巻き2021.jpg

4. 火薬込め

放揚日前日に黒色火薬を詰め、新聞紙で蓋をして完成です。

削り2021.jpg
込め.jpg